IVAAの皆様、お世話になりました。

今回参加して本当に良かったです。

ネパールでもお伝えした通り、ネパールだから参加しようと即決しました。

しかし、今回参加して、他の国でもその国の人たちが喜んでくれるなら参加したいと

思っています。

ボランティアは自分が健康であることが第一条件ですね。バンディブールでの五日間は

気が張っていたのもありますし、三食モリモリ食べて睡眠時間ばっちりでしたので

日本にいる時より体調が良かったです。何より、何も考えずに治療に打ち込めたことが

良かったのだと思います。日本にいるとやることが多過ぎて、頭の中がグルグル常にまわっている状態ですから、知らずにストレスになっていたのでしょう。自分の為にも良い休養にもなりました。

しかし、残りのカトマンズでの二日間で喉をやられてしまいました。

持ち物リストにマスクとありましたが、あんなに砂埃のすごい地だとは知りませんでしたので、次回はその点を強調して参加者にお伝えした方がいいですね。もっと強力なマスクで対応したり、うがい薬などの持参もできますので。

食事が三食ついていたことは有難かったです。

毎回美味しくいただきましたし、水の心配もしなくて済みました。イスワルサンたちに感謝です。観光にまで連れて行ってくれて、至れり尽くせりでした。

治療に関しては、膝チームに二日目から入ってからは数多くこなすことが出来ました。

しかし、言葉の壁は大きいです。もっともっと、患者さんともネパール人鍼灸師ともコミュニケーションを取りたかった。毎日ネパール人と日本で会話をしているのに、情けないです。

それだけが唯一悔やまれてなりません。

次回は五月!行きたいなあ・・・行けるかなあ・・・

それまでにもっと会話力を上げられるといいなあと思っております。

最後に協会に改善したほうが良いと思うこと。

今回は少人数で皆さんとコミュニケーションが取れて、本当に楽しかったです。

参加するにあたって、初めての参加でしたし旅慣れていないので不安でいっぱいでした。

何度も何度もホームページを見たのですが、情報が少なすぎると思います。

それは、今回の日程についてです。飛行機を取るときに、この便を取りましたという大地君の説明通り私も同じ便を取りました。みんながその日程で行動すると思っていたからです。

しかし、残りの二日間は自由行動で宿などは自分で手配とのこと。恵子さんから連絡もらった出発前10日くらいまでは知りませんでした。最初から知っていれば早く帰ったかもしれないし、延泊してからの予定も変わっていたかもしれません。結果的にはとても楽しいものになったのでいいのですが。

昨年参加した方にはあたりまえのことでも、初めて参加する人にとっては未知の世界です。親切過ぎてくどいくらいの説明をホームページに加えておくと安心だと思います。

これからの参加者には私のような呑気なお人好しばかりではありません。もちろん、これは苦情ではなくこれからの会のことを考えての提案です。

現地で会長さんにもお伝えしましたが、何かあれば微力ながらもお手伝いさせていただこうと思ってます。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

以上