IVAA 国際ボランティア鍼灸師協会 – 世界の医療の届かない場所に手をさしのべる

支援活動報告:ネパール・ヘルスキャンプ (ルンビニ) 2016

  • HOME »
  • 活動内容 »
  • 支援活動報告:ネパール・ヘルスキャンプ (ルンビニ) 2016

■支援活動報告:ネパール・ヘルスキャンプ (ルンビニ) 2016

2016年8月12日(金)~18日(木)滞在期間は、8月11日(木)~20日(土)

ネパールのルンビニにて、ティテパティよもぎの会主催、東洋療法無料巡回治療(通称:ヘルスキャンプ・HC)に参加しました。

2015年の地震の爪痕が未だ残るネパールにおいて、釈迦生誕地である神聖なルンビニにてHCは開催されました。

この地は、ネパールの南部タライ平原にあるインド国境に近い小さな村で、世界遺産に登録されています。

開催地のSankhanagar Durgadatta Higher Secondary Schoolには、各地から大勢の患者が集まり、気温35度、湿度70%を超える中、全身汗だくになりながらの鍼灸治療は、まさに野戦病院さながらの状況でした。

現地では、病院が30~50km四方に1院ある程度で、その上、一般の方ではかかることのできない程、診療費が高価です。今回のHCへは数十km歩いて来られる方も多くみられました。

疾患・症状としては、片麻痺やポリオ、アレルギー、HIVから月経痛、月経不順、不妊症、高血圧、喘息、坐骨神経痛、尾骨痛、頭痛、胃痛、膝痛、肩痛、腰痛、不眠、冷え等々の多くの方々を診させて頂きました。

また、「ザムザム」という現地特有の神経痛・感覚異常の症状もありました。

日本人鍼灸師22名ならびに、ネパール人鍼灸師7名、そして、多くの現地の看護師や学生ボランティアスタッフのご協力のもと、合わせて総計3,558名の患者がHCにて鍼灸治療を受診されました。

また一方で、ネパールのチベット難民支援団体チベタン・チルドレンズ・プロジェクト(TCP)の孤児院へ伺いました。
運営されている加藤様より、ガソリンタンク内に入ってきた子、荷物と一緒に川を流れてきた子、亡命した子を引き取り、当時は極限に痩せて腹部が膨らみしらみだらけ、大人が恐いため手を噛まれたこともあるとお聴きしました。

■ 小児はり in ネパール

■ ヘルスキャンプ in ルンビニ2017 写真ギャラリー

■ 参考

PAGETOP